qrcode.png
http://matsuolaw.jp/
モバイルサイトにアクセス!
松尾法律事務所
〒871-0065
大分県中津市蛭子町3丁目15番地
リヴェールⅡ1階
TEL.0979-85-0680
 

ブログ

 

ブログ

ブログ
フォーム
 
東京簡易裁判所でのサラ金事件の運用
2016-07-28
 私が現在受けている事件で、ある大手サラ金業者からの貸金返還請求訴訟が東京簡易裁判所で起こされている事件があります。この事件は、いわゆる手元不如意の抗弁(お金がないから払えない)というのではなく、きちんとした言い分があり、内容面で激しく争っています。
 ところが、この事件での東京簡易裁判所での対応はびっくりするようなものであり、裁判所は単なるサラ金の取立機関にすぎないのかと感じてしまっています。
 本件では争いがあり裁判所に証拠を提出する必要があります。裁判の途中では、証拠のコピーを裁判所に提出するか、ファックスしておけば良いのですが、正式に提出扱いしてもらうためには、最低でも1回裁判所に出頭しなければならないことになっています。つまり、必ず1回だけは、東京まで行き、東京簡易裁判所に出頭する必要があるのです。
 この種事案では依頼者にお金がないことが多く、東京への出張に関して旅費日当を負担できないようなことの方が通常です。もっとも、私は日弁連の委員として、月に3日程度は東京に出張に行っています。裁判期日をその日にあわせてもらえさえすれば、依頼者には費用を負担をしてもらわずに、裁判所に出頭することができます。
 しかし、期日指定にあたっては、私の都合は考慮しないとの対応でした。具体的なやりとりとしては、この業者が原告となっている事件については、集中的に同じ日に期日しているとのことで、月に1回だけ同じ日を口頭弁論期日としているということでした。すでに、次回も次々回も、口頭弁論期日は内定していました。その日以外には弁論は開かないことになっているので、出頭したければその日に来るようにということで、こちらの都合は全く聞いてもらえませんでした。私も、証拠の提出の必要があるので食い下がったところ、「特別に弁論準備手続期日を指定することも考える」と言ってくれたので、証拠提出の途が閉ざされたわけではありませんが、あんまりだと思います。
 大都市の簡易裁判所なんてこんなもんでしょうか。いくらなんでも、期日指定するにあたり、原告の都合しか聞かず、被告の都合は無視というのはあんまりではないでしょうか。これでは、簡易裁判所は単なるサラ金の取立のための道具といえるのではないでしょうか。
 
出前授業のご案内
2016-06-06
大分県弁護士会が派遣している県内の学校向けの出前授業の案内ページをつくりました。
私も、年間10件までは行っていないと思いますが、片手では数え切れない回数は行っていると思います。
 
地震お見舞い
2016-04-18
4月14日以降に生じた「熊本地震」で被災された方、心よりお見舞い申し上げます。
日弁連・九弁連の活動などで、多くの熊本の先生方にお世話になっており、とても他人事とは思えません。できるだけ早く、復旧できるようにお祈りしております。
 
また、中津市内で避難勧告が出た地域があったため、遠方より安否確認のご連絡もいただいていますが、沿岸部の中津市街地方面は被害等は発生しておらず、私も被害は受けていません。(避難勧告の対象は耶馬溪等、山間部のようです。)ご心配いただいた方、どうもありがとうございました。
 
死刑問題のシンポ
2016-04-11
 今日は東京出張。日弁連主催のシンポに参加しました。
 死刑についてのあからさまとも思える国の世論調査の内容を検討するなどして、どのようにして市民の方々に訴えかけるべきか、大いに勉強になりました。
 映画「望むのは死刑ですか? 考え悩む“世論”」(外部リンク)も視聴させていただきました。
 
ホームページ再開
2016-04-09
従前のホームページは、プロバイダーのホームページサービスが終わったのにともない、なくなってしまいました。ご依頼者様からもご指摘を受け、再度開設するようにしました。
当面は、以前のホームページのデータをほぼそのまま復活させた内容ですが、徐々に、充実させていきたいと思います。
また、かつても、一応ブログがありましたので、今回もつくってみました。もっとも、従前同様、ちゃんと記載していけるか自信はありませんが、気になった事件などについて、言及していきたいと思います。
<<大分県中津市の弁護士・松尾法律事務所>> 〒871-0065 大分県中津市蛭子町3丁目15番地 リヴェールⅡ1階 TEL:0979-85-0680 FAX:0979-24-5925